ページの先頭です

町長 所信表明

[2018年5月2日]

平成30年4月19日 町長所信表明

平成30年第1回日の出町議会臨時会の開会にあたり、私の今後の4年間の日の出町政に関する所信を申し述べ、町議会議員各位、並びに、町民の皆さんのご理解、ご協力とご支援をお願い申し上げたいと存じます。

私は、去る3月の日の出町長選挙において、私がこれまで進めてまいりました町政と私が掲げる政策に、議員各位をはじめ多くの町民の皆さんのご支持とご支援をいただき、再選をさせていただきました。

ここに、心から感謝を申し上げますとともに、御礼を申し上げます。

私が町長就任以来、一貫して目指してまいりました町政運営の目標は、第1期橋本町政の所信表明において申し上げましたように、「みんなでつくろう 日の出町!」を合言葉に、活気あふれる、心身ともに豊かな、輝かしい日の出町を創りあげることであり、このことは全くゆるぎないものでございます。

しかしながら、社会経済状況や住民ニーズは日々変わっており、この変化への対応も非常に重要なことであります。

本年度の施政方針でも申し上げましたが、松尾芭蕉の「不易(ふえき)流行(りゅうこう)」の意味するところを理解し、必要なものについては過去の政策・施策の定期的な見直しを行い、持続可能なものとしてまいります。

ここで、橋本町政第2期目の4年間に積み重ねてまいりました、政策等の実績の一部と今後の方向性等について申し上げたいと存じます。

始めに、高齢者医療費の助成につきましては、既に実施している75歳以上の方を対象とする制度のほかに、70歳から74歳の方を対象として、自己負担額から一定額を除いて助成を行う制度を開始いたしました。

次に、保育園待機児童の解消につきましては、待機児童の解消を図るため、関係者のご理解、ご協力を得て、私立保育園を1施設新たに設置したものでございます。

次に、子育てに関するサポートにつきましては、子ども家庭支援センターやファミリーサポート事業などを推進してまいりましたが、まだまだ、ニーズは増加や多様化するものと思われることから、引き続き充実強化を図ってまいります。

次に、老朽化が著しい本宿小学校の改修につきましては、昨年度に改修計画を策定し、本年度は実施設計を行ってまいります。また、教育環境の整備の一環として、児童・生徒数の増加等によるクラス増については、全教室へエアコンの設置を随時行っております。

次に、(仮称)梅ヶ谷(うめがた)トンネルにつきましては、長年にわたる議員各位のご支援、ご協力のもと、東京都への要請活動が結実し、青梅市側坑口の見学会の実施や、土地の買収も順調に進捗し、建設業者も決定したとお聞きしております。

次に、総合文化体育センターの建設につきましては、谷戸沢処分場受け入れの端緒(たんしょ)でもある、「スポーツと文化の森設置構想」への協力という、当時の東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合設立準備委員会からの申入れを実現するため、(仮称)日の出町総合文化体育センター基本計画を東京たま広域資源循環組合からの要請に基づき作成し、今後、交渉を進めてまいりますので、何卒、議員の皆さん全員の町と一体となる、積極的なご支援、ご協力をお願い申し上げます。

また、処分場に関連してこの場をお借りして申し上げますと、町内にある谷戸沢、二ツ塚の両処分場並びにエコセメント化施設について、町民の皆さんに安心していただける安全な管理運営を前提として、現在、循環組合から交付されております地域振興費につきましても、その協定期間が平成31年度末をもって終了し、私の任期中に新たな協定を締結することとなりますことから、この点につきましてもよろしくお願い申し上げます。

次に、(仮称)野鳥の森・こども自然公園につきましては、設立準備委員会との協議のもと、管理施設の建設が進行しており、本年末までには完成式典を行う予定でございます。

最後に、行財政改革につきましては、平成18年策定の集中改革プランの期間終了後も行財政改革を継続的に実施しており、職員数の適正化や受益者負担、福祉単独施策の見直しなどを行ってまいりました。今後も、「入(い)るを量(はか)りて出(い)ずるを為(な)す」を行財政の原則として町政を進めてまいります。

以上、第2期の実績と今後の方向性について申し上げましたが、次に、この他の施策の今後4年間の方向性について、概略を申しあげます。

基本的に、町づくり、人づくりは、近視眼的な制度設計や政策ではなく中・長期的なビジョンに基づき、計画的に政策を実施すべきものであると考えております。

従いまして、政策につきましては、第4次長期総合計画の最終年次である平成31年度までは、この計画の戦略プロジェクトである「躍進 ひので!ニュー5大作戦」(1)日本一の福祉の町づくり、(2)ひのでA(安全)・A(安心)大作戦の展開、(3)豊かな創造性に富んだ児童・生徒を育成するための教育の充実による人づくり、(4)元気ある活気に満ちた商工観光業と農林業の振興、(5)総合文化体育センター並びに野外スポーツ施設の設置推進を中心に、施策の具体化を図り、更に充実、発展させてまいりますが、「環境先進都市ふるさと日の出」の創造を含む本年度の具体的な内容につきましては、本年第1回定例議会において施政方針として申し上げておりますので、ご覧いただきたいと存じます。

平成32年度からの第5次長期総合計画につきましても、計画的な行政を推進するため、町民アンケートの実施や関係諸団体との意見交換等を行うことなどにより、町民ニーズに基づく町民のための計画を策定してまいりたいと存じます。

最近、「着眼(ちゃくがん)大局(たいきょく)、着手(ちゃくしゅ)小局(しょうきょく)」という言葉を知りました。

これを行政にあてはめてみますと、その意味は大局的見地で計画を立て、計画を実現するためには、分野ごとに着実に業務を遂行するということと理解いたしましたが、これは大変に示唆に富む言葉であり、これからの町政の運営に大いに参考になるものであると思います。

結びとなりますが、歴代の町長が引き継ぎ、築きあげてきた歴史と伝統に支えられた町政を、今後も町民の皆さんや議員全員の皆さんと手を取り合い、次世代へ引き継いでまいりたいと存じておりますので、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。 

最後に、議員各位と町民の皆さんの、ご理解、ご協力と全面的なご支援を重ねてお願い申し上げ、私の所信表明といたします。

 

平成30年4月19日

日の出町長 橋 本 聖 二

平成26年4月18日 町長所信表明

平成26年4月18日 町長所信表明

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

東京都 日の出町 企画財政課企画係

電話: 042-597-0511(内線311、312) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム