ページの先頭です

特定入所者介護(介護予防)サービス費

[2015年3月19日]

低所得の要介護者が介護保険施設サービスや短期入所サービスを利用した場合、及び低所得の要支援者が短期入所サービスを利用した場合、食費・居住費について補足給付として特定入所者介護(介護予防)サービス費が支給されます。特定入所者介護(介護予防)サービス費は施設等に直接支払われる現物支給であり、対象者から徴収される食費・居住費は負担限度額までとなります。

ご利用いただくには申請が必要です!

【変わります!】

平成27年8月から利用者の配偶者が住民税課税されている場合、また預貯金が一定の額(単身1,000万円、夫婦2,000万円)を超える場合には、こちらのサービス対象外となります。

施設サービス等を利用した場合の負担額

施設サービスを利用した場合の負担額は、(1)介護サービス費用の1割、(2)食費、(3)居住費、(4)日常生活費のそれぞれの全額が利用者の負担となります。
短期入所生活介護・療養介護と通所介護、通所リハビリテーションの滞在費・食費等も全額が利用者負担となります(介護予防サービスも同様です)。

居住費・食費の利用者負担額には、基準費用額が設定されています(1日当たり)
利用者負担額は、施設と利用者の間で契約により決められますが、施設における居住費・食費の平均的な費用を勘案して厚生労働大臣が定める水準となる額が下記のように定められています。

負担限度額 特定入所者介護サービス費(1日当たり)

※介護老人福祉施設・短期入所生活介護を利用した場合の従来型個室の負担限度額は、( )内の金額になります。

第1段階

本人および世帯全員が住民税非課税である老齢福祉年金の受給者
生活保護の受給者

  • 居住費などの負担限度額
     ユニット型個室 820円
     ユニット型準個室 490円
     従来型個室 490円(320円)
     多床室 0円
  • 食費の負担限度額
     300円

第2段階

本人および世帯全員が住民税非課税であって、合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の方

  • 居住費などの負担限度額
     ユニット型個室 820円
     ユニット型準個室 490円
     従来型個室 490円(420円)
     多床室 320円(平成27年4月から370円)
  • 食費の負担限度額
     390円

第3段階

本人および世帯全員が住民税非課税であって、利用者負担段階第2段階に該当しない方

  • 居住費などの負担限度額
     ユニット型個室 1,310円
     ユニット型準個室 1,310円
     従来型個室 1,310円(820円)
     多床室 320円(平成27年4月から370円)
  • 食費の負担限度額
     650円

関連ページ

お問い合わせ

東京都 日の出町 いきいき健康課介護保険係

電話: 042-597-0511(内線385、386 、380) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム


特定入所者介護(介護予防)サービス費への別ルート