ページの先頭です

日の出町高齢者医療費助成制度

[2016年8月4日]

高齢者医療費助成の申請方法が変わります!!

平成28年8月診療分から、高額療養費は本人へ返還いたします。

そのため、今までは月ごとにまとめていない領収書を何か月かに分けて申請ができましたが、28年8月診療分からは月ごとにまとめて申請する方法に変わります。

<支給申請の変更ポイント>

  1. 医療機関等の領収書を診療月ごとにまとめてください。
    【重要】同じ診療月の申請は1度しかできません。
    【注意】診療月と支払月が違う場合(入院等)は、診療月でわけてください。
    後から追加申請できないため、抜け落ちのないようにしてください。
  2. 診療月ごとに申請書の記入をお願いいたします。
  3. 平成28年8月診療分以降の医療費助成は高額療養費の決定を待ってからの支給となるため、振込まで3~4か月かかります。

日の出町高齢者医療費助成制度について

高齢者医療費助成

日の出町高齢者医療費助成制度は、平成21年4月に施行された「お年寄りに優しい3つの福祉施策」のうちのひとつです。
これまでの高齢者のご苦労に報い、今後もますます壮健で地域社会の一員として活躍され、暮らしていただくこと、そして高齢者から次代を担う若者に、町のよき伝統、風習が受け継がれていくことを願って、うちだされた施策です。
日の出町高齢者医療費助成の対象者となるには、町民課窓口へ「高齢者医療証交付申請」が必要になります。

3つの基本施策

  • 75歳以上の方が負担する医療費を無料にします!
  • 75歳の人間ドック受診料を無料にします!
  • 健康教室の開催・高齢者向け各種スポーツの支援などにより健康管理・健康増進を図ります!

申請方法

担当窓口

町民課 後期高齢者医療係

対象要件

本制度の対象者は、次の3つの要件全てを満たす方です。

  • 75歳以上の方
  • 東京都『後期高齢者医療被保険者証』を持っている方
  • 日の出町に引き続き3年以上住所を有している方

医療費の申請手続

医療機関等で受診した「領収書」を一月分まとめて、翌月以降に町民課窓口へ申請してください。指定の口座に医療費の助成額が振り込まれます。

申請時に必要なもの

  1. 高齢者医療助成費支給申請書
  2. 高齢者医療証
  3. 印鑑(朱肉を使用するもの)
  4. 領収書
  5. 振込口座の通帳(初回のみ)

※郵送申請の場合、2.3.5.は不要。但し、必ず押印してください。
※5.は、対象者本人のものを原則とします。
 対象者が死亡されている場合は申立書、またやむをえず本人以外の名義の口座を指定する場合、委任状が必要です。

申請期間

毎月1日から15日までの開庁日

助成の対象外

  • 保険が効かない治療や薬剤にかかる費用
  • 入院時の食事療養標準負担額
  • 他の法令によって助成される部分
  • 高額療養費に該当する部分
  • 文書作成料 など

各種様式・申請書類

高齢者医療助成費支給申請を郵送で行う場合は、「高齢者医療助成費支給申請書」をダウンロードしご利用ください。
本人以外の口座に入金する場合必要な書類として「高齢者医療助成費委任状」を。本人が死亡されている場合は「医療助成対象者死亡の場合の申立書」もご提出ください。

お問い合わせ

東京都 日の出町 町民課後期高齢者医療係

電話: 042-597-0511(内線287、288、289) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム