ページの先頭です

青少年育成支援金

[2017年4月25日]

日の出町は、次世代を担う青少年たちが健やかに成長し将来、日の出町発展の原動力となることを期待して、日の出町こども育成基本条例を制定しています。この基本施策の1つとして、高校生年代の青少年(保護者)に対して青少年育成支援金の支給を行っています。

こちらもご覧ください

概要

青少年にかかる学費や通学費用、就業者の通勤費、部活動や習い事等に使用した経費の一部(青少年育成支援金の対象となるもの)について、申請に基づき青少年を養育している保護者または青少年本人に対して現金を支給する制度です。

  • 青少年(高校生年代/15歳に達する日の翌日以後の最初の4月1日から18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)
  • 青少年1人あたり月額1万円を上限

認定申請(事前申請)について

認定申請(事前申請)が必要となりますので、認定請求書を提出してください。

  • 申請された方への認定結果は、後日通知します(認定申請の翌月分から対象)(高校1年生の年代の4月から)
  • 4月に高校1年生の年代になる該当の方には、制度案内等のお知らせを2月下旬頃に郵送します(所定の期日までに認定申請を行ってください)(制度案内等が届かない場合はご連絡ください)
  • 転入の場合は、転入届の際に申請してください
  • 平成29年4月1日以降に転入された方は1年間の居住要件を満たしてから申請してください。申請月の翌月以降が経費の対象となります。

申請者

  • 青少年を養育し、かつ、これと生計を同じくするその父または母(父または母ともに要件を満たす場合は青少年の生計を維持する程度の高い者)
  • 父母に養育されずまたはこれと生計を同じくしない青少年を養育し、かつ、その生計を維持する者
  • 青少年が婚姻、就業等により日の出町内で独立して生計を立てている場合は当該青少年

※日の出町に住所を有し、かつ、住民登録があり、引き続き町に住所を有する見込みの者で、青少年と同居していること

  • 日の出町で実際に生活していること(生活実態があること)

※青少年が修学または勤務の条件等やむを得ない事情により、保護者と同居することができない場合においては、保護者が当該青少年を養育し、かつ、生計を維持していることを証明または確認する書類の提出により、当該青少年は支給要件を満たす者として認定することができます

添付ファイル

Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 振込先となる金融機関の指定される口座の番号等がわかるもの
  • 青少年本人の保険証のコピー

申請にあたっての注意点

  • 青少年育成支援金は雑所得として扱われ、課税の対象となります(授業料など学資にあてるためのものは、非課税扱いとなります)
  • 必要により育成経費の納付状況を調査させていただきます。町及び教育委員会が所管する義務的経費等に滞納が認められた場合は、青少年育成支援金により優先的に滞納額を徴収します(窓口にお越しいただくことになります)
  • 認定手続きの翌月分から支給申請対象となります(4月に高校1年生の年代となる方は、3月までの認定手続きが必要となります)
  • 高校の寮生活などにより、申請者(保護者)と同居することができない場合には、保護者が青少年を養育し、かつ、生計を維持していることを証明または確認する書類「養育事実の申立書」の提出が必要となります(町外住民登録は対象外)

その他

 <住所変更(転居)などについて>
  • 申請内容に変更が生じた時は、子育て福祉課までお越しください(転居の場合は転居届にあわせて手続きしてください) 

支給申請について

認定を受けた方は、青少年育成支援金の対象となるものについて、所定の申請書に必要書類を添付して、年に3回の指定する月に支給申請を行なってください。

この支給申請により、青少年育成支援金の支給を受けることができます。

支給上限額と支給申請時期

青少年1人につき月当たり1万円、4か月を1期分として4万円を上限とし、年3回、指定月に支給申請します。

  1. 第1期 4~7月の4万円分(上限額) 8月中
  2. 第2期 8~11月の4万円分(上限額) 12月中
  3. 第3期 12~3月の4万円分(上限額) 3月中
  • 各月の月初めから月末まで受付(ただし、土曜日・日曜日・祝日・年末を除く)
  • 月末が土曜日、日曜日等の場合はその前日まで

 上記の期間に必要書類を添付して支給申請書を提出してください

 ※期日が遅れての申請は受付できませんのでご注意ください(期日厳守)

対象となるもの一覧及び申請に必要なもの

学費(授業料)、通学費、教養にかかる経費(習い事)等が対象となります。詳しくは下記のファイルをご参照ください。

支給申請には、領収書等の必要な書類があります。詳しくは下記のファイルをご参照ください。

支給決定額の支払

審査を経て支給金額が決定し次第、指定された口座に振り込まれます。
(支払通知書を郵送します)

※義務的経費等に滞納が認められた場合は、窓口にお越しいただくこともあります(青少年育成支援金により優先的に滞納額を徴収します)

受付

  • 子育て福祉課窓口
     月曜日~金曜日(祝日を除く)
     午前8時30分~午後5時15分(正午~午後1時を除く)

※支給申請は年3回(8月・12月・3月)(月末が土曜日、日曜日等の場合はその前日まで)

お問い合わせ

東京都 日の出町 子育て福祉課子育て支援係

電話: 042-597-0511(内線295~299) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム