ページの先頭です

ひので映画大使最新版

[2019年1月4日]

第100回映画大使「アリー/スター誕生」

  • 期日 平成30年12月21日(金曜日) ※公開初日!
  • 場所 イオンシネマ日の出

作品紹介

 歌の才能を見いだされた主人公がスターダムを駆け上がっていく姿を描き、1937年の『スタア誕生』を皮切りに、これまでも何度かリメイクされてきた物語を原作に、『アメリカン・スナイパー』に出演したブラッドリー・クーパーが初監督を果たした感動の音楽ドラマ。

 歌手を夢見るアリーには世界的歌姫レディー・ガガが、映画初主演を果たし、相手役の世界的シンガーのジャクソンには、監督でもあるブラッドリー・クーパーが担当した。

 音楽業界でスターになることを夢見ながらも自分に自信がないアリーが、国民的人気ミュージシャンに見出されたのをきっかけに、瞬く間にスターダムへと駆け上がっていくさまと、その中で皮肉な運命が交差していく2人の間に芽生えた愛と葛藤の行方を、レディー・ガガの圧巻のパフォーマンスと多彩で絶妙なカメラワーク、心に残る楽曲で描き出す。
第100回映画大使

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画大使の「感動と感想」をお伝えします。

このコーナーは、映画を見た感想や感動を、ストーリーは伏せて「みなさん」に紹介するコーナーです。

映画大使の「第一声!」

☆とても感動しました!

☆映画の中でこのような事を表現できるという事は凄いなと思いました!

やはり歌はいいですよね!

☆歌の素晴らしさに感動しました!

素敵な作品でした!

☆楽しかったです!
今回参加された、映画大使の皆さんです!

今回参加された、映画大使の皆さんです!

映画大使の「映画のツボ!」

Aさん

 レディー・ガガさんは、有名な方なので名前は聞いた事はありましたが、歌を聴いた事はありませんでしたし、ファンでも無かったですが、この作品を観まして、歌唱力が素晴らしいと思いました。やはり、世界でもてはやされているだけあって、素晴らしい歌手である事がわかりましたね。ジャクソン役のブラッドリー・クーパーさんも素晴らしい歌唱力でした。

 ラストのほうのシーンを観ていまして、これでアリーは本当のスターになるのかなと思いましたね。

 観ていて、とても感動しました。

Bさん

 レディー・ガガさんが出演されるという事で、観てみたいなと思っていました。やはり、歌唱力が凄く、引き込まれましたね。

 最初に、アリーとジャクソンの二人で歌った曲などは聴いていて感動してしまいました。いつもは歌を聴いて、感情が震える事はないのですが、歌が人の心を動かす事があるのだなと思いましたね。日本の歌手には無いようなものがあるのかなとも思いました。大きな画面で観たので、そう思ったのでしょうかね。

 映画の中でこのような事を表現できるという事は凄いなと思いました。

Cさん

 私もAさんやBさんがお話をされている事を感じました。

 やはり、映画館は画面が大きくて迫力がありますね。

 歌の内容が字幕で出るので、それを読む事によってより歌の内容がわかって、作品の中に引き込まれる気がしました。

 アリーとジャクソンが飼っていた犬がかわいかったですね。

 とにかく歌が素晴らしかったです。私は、レディー・ガガさんを良く知っていましたので、今日観ることができる事を楽しみにしていたのですが、やはり歌はいいですよね。

Dさん

 作品名がスター誕生でしたので、どのようなストーリーになるのかなと思っていました。歌手にはなりたいけれどもなかなかそのチャンスが来ない、才能はあってもそれを見出してくれる人がいないと実現できないものなのだという事を感じました。この作品では、アリーはジャクソンによって見出されますが、二人の関係が変わっていくといろいろな想いが生まれてくるのだろうなと思いましたね。

 レディー・ガガさんは、私もテレビで観るくらいの事は知っていましたが、どのような歌唱力の人かわかりませんでした。この作品を観て、音域が凄く広い人なのだという印象でしたね。やはり世界で認められる歌手はそれなりの声の質と表現力を兼ねそろえていないといけないのだなと思いました。

 レディー・ガガさんは、凄く奇抜な衣装とかメイクをしている印象が強いのですが、この作品では素顔に近い状態だったので、綺麗でスタイルもいい方なのだなという事がわかりましたね。

 私は、ライブに行った事が無いのですが、実際に会場に行ったら凄い音なのだろうなと思いました。

 体の衰えというのは不利になってくるという事は、私たちにもいえることである事なのだと身にしみました。

Eさん

 私は、歌が好きですが、レディー・ガガさんは、皆さんと同じようにテレビで観るくらいしか知りませんでした。あとは、世界に名高い人である事くらいは存じていました。この作品では、素顔がかわいくて、こんなに魅力のある人なのだとわかりましたね。

 私は歌ほど人の心を感動させるものはないと思っています。メロディーに凄く感動させられますね。

 二人の歌、レディー・ガガさんの歌の素晴らしさに感動しました。

Fさん

 レディー・ガガさんは、名前は知っていましたが、顔も知りませんでしたし、歌も聴いた事が無かったので、どんな人なのかなと楽しみにして作品を観ました。

 作品の中では、二人の繊細な心の動きが表現されていましたね。歌はあたたかくて、綺麗で凄いなと思う反面、二人の愛情の部分やいろいろな所の感情の動きが心に響いてきまして、芸術を愛する人は、こんなにも繊細なのかなと思いながら観ていました。

 素敵な作品でした。

Gさん

 年末にこんなにいい歌の作品を観る事ができて、今年は幸せだったなと思いました。

 レディー・ガガさんは、初めの方にジャクソンが容姿についていろいろと言っていましたが、私もそのように思っていましたね。いつもは奇抜な衣装をしていますので、なんなのだろうなこの人は、と思っていましたが、今日の歌を聴いていますと字幕があったせいなのか、心の中に凄く入ってきました。あのような歌い方をすると心に沁み込んでくるなと本当に感じましたね。

 楽しかったです。

Hさん

 作品の中にとっぷりと入りこんで凄く感動していました。

 私はレディー・ガガさんの事をまったく知らなかったですが、パッと見た時にソフィア・ローレンさんに似ているなと思いました。

 私が素敵だなと思ったのは、ブラッドリー・クーパーさんの目でした。女性を見る目は凄く優しくて、素敵だと思いましたね。この人の目は、シーンによって変わるので、演技が上手な方だなとも思いました。その目を見ながら、今こんな感情かな、どんな感情なのかなと思うように、目を見て感じる事がありましたね。最初は気にしていなかったのですが、最後には彼に惚れてしまいました。

 最後の方で歌った曲は、もちろん字幕があったからではありますが、心の中をのぞかせてもらったような感じがしました。二人の歌は、普通は締めおくところを歌にして、みなさんに聴かせているので、心の中の踏み込んではいけないところに踏み込んでいってしまうような、そういう歌声の力強さを感じましたね。

 歌声である事はわかっているのですが、まるで体全体が楽器なのではないかなと思うくらいのそんな感動に終始包まれていましたね。最後の歌は、アリーの想いがひしひしと伝わってきまして、涙していました。

Iさん

 この作品のタイトルのスター誕生と聞きまして、1976年のバーブラ・ストライサンドさんの作品と同じ名前と思いました。そうしましたら、やはりスター誕生という作品は、4回目のリメイクだそうでして、既に1930年代から3回リメイクしている事を知りまして、みんなに愛されるストーリーなのだと思いましたね。私は、今まで観た事がなかったですが、今日は楽しみしていました。

 この話を、私はとてもリアルに感じまして、スターになるには、大きものを得る代わりに、失うものも大きいのだなという事を凄く感じながら観ていました。

 レディー・ガガさんは、みなさんもおっしゃっているとおり奇抜な服装で、メイクを凄くして、本当の顔がわからないような姿しか知らなかったのですが、初めて素顔を知ってこのような顔だったのだと思いましたね。今までは、あまり気にしていなかったのですが、この作品での体当たりの演技を観て、凄くいいな、と改めて思いました。

 レディー・ガガさんの目が印象に残っています。特に、まるで演技ではないような真剣なまなざしが、印象に残っていますね。

 最後にアリーが歌った曲を聴いてうるっとしてしまいました。

 観て良かったと思います。

作品の内容(印象に残ったシーンなど)

・レディー・ガガさんの演技をしているようでない、物凄く自然体な感じの演技が良かったですね。

 

・一流のアーティストはいろいろな才能があるのですね。

 

・多くのストーリーがあった作品でしたね。

 

・レディー・ガガさんはしっとりとした歌を凄く上手に歌われていました。歌唱力が凄いのですね。

 

・この作品を観てレディー・ガガさんのファンになりました。

 

・レディー・ガガさんは慈善事業もかなりされていますよね。

まとめ

 この作品は、前評判が高く、アカデミー賞の最有力作品にもなっているだけあり、参加された映画大使の方々からも多くの意見が出され、話し合いも盛り上がりました。

 そのようになった要因としては、やはりレディー・ガガの歌唱力や体当たりの演技の素晴らしさが一番にあげられます。その他にも、全世界で大ヒットしている楽曲が素晴らしく心に響く事や、ライブのシーンではズームを使わず、カメラが人物に近よって撮影するようにするなどのカメラワークをはじめとした演出の上手さがあげられると思います。

 また、映画大使の方も言われていたとおり、大きな画面で観る事によって得られる感動や、伝わってくるものの多さがある作品であると感じました。ライブシーンの音の良さもあり、正に映画館で観るべき作品といえると思います。

 

 映画は是非、劇場の大スクリーンでご覧ください!

 

 映画大使では、年代も性別も違う方達が、それぞれ意見を出し合いひとつの映画について話し合うという、日ごろできない経験をすることが出来ます。映画を観て自分がこう思っただけではなく、年齢や経験などの違う人の目線で観たことを聞くことにより、違った発見があるので、ひとつの映画が何倍にも広がって行きます。

 

 今後も「ひので映画大使」にご期待ください!!

関連ページ

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

東京都 日の出町 文化スポーツ課 社会教育係
電話: 042-597-0511(内線541) ファクス: 042-597-6698

ひので映画大使最新版への別ルート