ページの先頭です

平成24年度税制改正

[2015年1月30日]

1 扶養控除の見直し(所得税は平成23年分から適用)

  1. 年齢16歳未満の扶養親族(年少扶養親族)に対する扶養控除が廃止されました。
  2. 特定扶養親族(16~22歳)のうち、16~18歳の者に対する上乗せ分(12万円)が廃止となり、一般扶養控除の33万円となりました。

※扶養とは生計を一にしており、所得38万円以下で他の方の扶養になっていない方

改正前

0歳~15歳(一般扶養)

  • 扶養区分 控除対象親族
  • 控除額 一般扶養控除33万円

16歳~22歳(特定扶養)

  • 扶養区分 控除対象親族
  • 控除額 一般扶養控除33万円+上乗せ分12万円

23歳~69歳(一般扶養)

  • 扶養区分 控除対象親族
  • 控除額 一般扶養控除33万円

70歳~(老人扶養)

  • 扶養区分 控除対象親族
  • 控除額 一般扶養控除38万円+同居老親等加算7万円

改正後

0歳~15歳(年少扶養)

  • 扶養区分 控除対象外
  • 控除額 控除廃止

16歳~18歳(一般扶養)

  • 扶養区分 控除対象親族
  • 控除額 一般扶養控除33万円(上乗せ分廃止)

19歳~22歳(特定扶養)

  • 扶養区分 控除対象親族
  • 控除額 一般扶養控除33万円+上乗せ分12万円

23歳~69歳(一般扶養)

  • 扶養区分 控除対象親族
  • 控除額 一般扶養控除33万円

70歳~(老人扶養)

  • 扶養区分 控除対象親族
  • 控除額 一般扶養控除38万円+同居老親等加算7万円

2 同居特別障害者加算の特例措置の改組(所得税は平成23年分から適用)

年少扶養親族に対する扶養控除が廃止されたことに伴い、控除対象配偶者または扶養親族が同居特別障害者である場合、配偶者控除または扶養控除の額に23万円を加算する従来の措置を、特別障害者に対する障害者控除の額(30万円)に23万円を加算し53万円とする措置に変更になりました。

3 寄付金控除の適用下限額の変更(所得税は平成22年分から適用)

寄附金控除の適用限度額が5千円から2千円に変更になりました。

お問い合わせ

東京都 日の出町 税務課住民税係

電話: 042-597-0511(内線261、262、263) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム