ページの先頭です

年金所得簡易計算一覧

[2015年3月12日]

公的年金等の所得の簡易計算一覧(速算一覧)

公的年金等も、雑所得として所得税がかかります。ただし、公的年金等については、高齢者の生計手段とするための社会保障として給付されていることを考慮して、負担軽減措置がとられています。

65歳以上の方の場合
公的年金等の収入金額 (A)公的年金等に係る所得金額の算出方法
330万円未満(A)- 120万円(0円未満の時は0円)
330万円以上 410万円未満(A)× 75% -  37万5000円
410万円以上 770万円未満(A)× 85% -  78万5000円
770万円以上(A)× 95% - 155万5000円
65歳未満の方の場合
公的年金等の収入金額 (B)公的年金等に係る所得金額の算出方法
130万円未満(B)- 70万円(0円未満の時は0円)
130万円以上 410万円未満(B)× 75% -  37万5000円
410万円以上 770万円未満(B)× 85% -  78万5000円
770万円以上(B)× 95% - 155万5000円

計算例

昭和24年1月2日以後に生まれた人(年齢65歳未満の人)で「公的年金等の収入金額の合計額」が300万円の場合の公的年金等に係る所得の金額
3,000,000円×0.75-375,000円=1,875,000円

年齢の区分は次により判定します

平成26年中に支払いを受ける年金

  • 65歳以上の人 昭和25年1月1日以前生まれ
  • 65歳未満の人 昭和25年1月2日以後生まれ

公的年金等の範囲

社会保険制度に基づく公的年金と私的年金のうち企業が退職者に支給する企業年金などをあわせたものを公的年金等と呼び、次のものがあります。

  • 国民年金、厚生年金、共済年金など
  • 恩給(一時恩給を除く)、企業が退職者に支給する企業年金など
  • 適格退職年金契約にもとづく退職年金など

お問い合わせ

東京都 日の出町 税務課住民税係

電話: 042-597-0511(内線261、262、263) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム