ページの先頭です

要綱・基準等

[2016年2月4日]

要綱・基準等

入札時の工事費積算内訳書の提出について

入札時における積算内訳書

「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の改正により、平成27年4月1日以降の入札に参加する建設業者には、入札時に入札金額の内訳書を提出することが義務付けられました。

平成27年4月1日以降の入札案件より、予定価格130万円以上の全ての競争入札案件において、入札参加者は、入札書を入力する際に積算内訳書を添付してください。

積算内訳書については、案件ごとに指名通知書に添付いたします。

なお、積算内訳の項目は、(1)直接工事費、(2)共通仮設費、(3)現場管理費、(4)一般管理費等および(5)発生材(有価物)の売却費、ガス工事費等((1)から(4)まで以外の費用)とします。 

落札者に求める積算内訳書

 工事契約の予定価格130万円以上の全ての競争入札案件について、落札者は、入札時に添付した内訳書とは別に、工事設計書の項目ごとに見積もった詳細の積算内訳書を必要に応じ企画財政課契約係に提出していただくことがあります。

 当該契約の内容に適合した履行がなされると判断できた段階で契約を締結させていただきます。

お問い合わせ

東京都 日の出町 企画財政課契約係

電話: 042-597-0511(内線315・316) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム