ページの先頭です

平成30年度の「日の出町観光まちづくり支援事業補助金」の対象となる事業を募集します‼

[2018年4月3日]

日の出町内で、観光をテーマとした継続的な事業を始めたい皆さんを、日の出町と日の出町観光協会が支援します!

支援対象は、平成30年度中に日の出町観光協会と連携して実施する「観光まちづくり」にふさわしい社会的貢献が見込まれる事業です。

日の出町観光まちづくり支援事業補助金

日の出町では日の出町観光協会と一緒に日の出町内で実施される「観光まちづくり事業」に対し、事業を自立的・継続的に運営するための初期費用などを補助金として支援します。

日の出町内で実施したい観光交流事業等のアイディアをお持ちの団体等は、日の出町観光協会に事業案を提案してください。観光協会が、提案者を中心に事業を実施・運営する実行委員会を組織し、町に対して補助金の交付申請を行います。事業を提案した団体等は、実行委員会として事業の実施・運営を行い、事業の自立と継続を目指してください。

対象となる事業

(1) 観光商品づくりに関する事業(眠っている地域資源をブラッシュアップして、観光資源として活用するなどの事業)

(2) 観光コースづくりに関する事業(観光資源とのふれあい、体験・体感をテーマにしたコースづくりなどの事業)

(3) イベント戦略に関する事業(体験型イベントの企画・実践などの事業)

(4) 人材育成に関する事業(地域の魅力づくりや活力あるまちづくりに関わる人財を育成するなどの事業)

(5) イメージ戦略に関する事業(地域の高付加価値化、地域イメージの向上を図るなどの事業)

(6) マーケティング戦略に関する事業(首都圏在住の自然志向の強いシニア層や外国人旅行者の受け入れを進めるなどの事業)

(7) 推進体制の確立に関する事業(新規の事業を実施するために必要な組織づくりや、観光まちづくりを行う既存の組織の強化などの事業)

※本補助金は、施設の建設や整備などのハード的な事業は対象になりません。

対象となる経費

応募する観光まちづくり事業を実施するために必要な経費で、補助金の対象期間内に支払われる以下のものが対象となります。

(1) 原材料費:当該事業に係る原材料費

(2) 広告宣伝費: イベントの周知等に必要な広告や宣伝に係る経費

(3) 消耗品費:当該事業に係る消耗品費

(4) 物品購入費:事業実施に必要不可欠な物品で、用途が申請事業での使用に限られるもの

(5) 印刷製本費:イベント宣伝用チラシ、ガイド資料等の印刷製本費等

(6) 通信費:当該事業に係る郵送料、通信費等

(7) 使用料・賃借料:パソコン等の備品の賃借料等

(8) 謝金:専門家のアドバイスを受けるために必要な謝金、シンポジウム等を行う際の講師に対する謝金等

(9) その他:その他、観光まちづくり事業審査委員会が必要と認めるもの

補助金交付の採択方法

「観光まちづくり事業審査委員会」により審査を行い、以下の評価基準に基づいて審査します。

(1) 創造性:観光交流によるまちづくり事業にふさわしく、創意工夫のある企画かどうか

(2) 実現性:企画提案書の事業目的や事業内容、経費の算出根拠等がしっかり説明できるものとなっており、分かりやすく、経費的・体制的にも実現しやすいものであるかどうか

(3) 地域性:本町特有の地域特性を十分にもち、しかも、本町に伝統的に培われた知恵や技術、さらに町民連帯を生かした事業であるかどうか

(4) 将来性:将来的に事業の発展性が見込まれ、観光交流によるまちづくりの増進に役立つかどうか

(5) 妥当性:日の出町観光振興計画が設定した基本コンセプトに合致した事業であり、日の出町観光協会との十分な連携が取れているかどうか

事業提案の対象者

日の出町観光協会と連携して活動ができ、町内で継続的に観光交流等の事業を行いたいグループ、団体など

事業提案は、日の出町観光協会と連携をして活動できて、観光まちづくりに資する事業を実施するグループ、団体等であれば、日の出町観光協会の会員でない方や、町内にお住まいやお勤めでない方も提案可能です。

補助金の額

1事業の上限額は100万円です。観光まちづくり事業審査委員会が認める事業経費の全額を補助します。

対象となる期間

平成30年4月1日から平成31年3月31日の期間に実施される事業が補助の対象となります。

当補助金は、事業の自立的運営を支援するもので、事業の運営を継続的に補助するものではありません。原則として1つの事業に対し1年限りの補助とし、既に補助金を受給したことがある事業は申請することができません。

ただし、「安定して自立的な運営をするために必要と認められる場合」など、審査の結果を受け、町長が必要と認めた場合に限り、連続した3年間を限度に補助金の交付を受けることができます。

事業の提案及び実施方法

(1) 事業を行いたい団体等が、日の出町観光協会に、事業概要、計画、予算などの事業案を提案します。

(2) 日の出町観光協会が、事業を行いたい団体を中心に実行委員会を組織し、町に対して補助金の申請を行います。

(3) 日の出町観光協会が組織した実行委員会が、事業を運営・実施します。

事業提案の提出期限

平成30年5月14日 月曜日 午後4時 (日の出町観光協会必着)

事業提案の提出先

日の出町観光協会 案内所

所在:大久野17-2(秋川農協ふれあい農産物直売所隣)

電話:042-588-5883

受付時間:午前10時~午後4時

定休日:水曜日・木曜日

※ 事業提案をお考えの団体等は、必ず事前に日の出町観光協会にご相談ください

お問い合わせ

東京都 日の出町 産業観光課商工観光係

電話: 042-597-0511(内線241、242、243) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム


平成30年度の「日の出町観光まちづくり支援事業補助金」の対象となる事業を募集します‼への別ルート