ページの先頭です

国民健康保険一部負担金の減免及び徴収猶予制度

[2017年9月8日]

国民健康保険一部負担金の減免及び徴収猶予制度

 一部負担金の支払い義務を有する世帯主が、その利用し得る資産等の活用を図ったにもかかわらず、下記等に該当したことにより、著しくその生活が困難となり、一部負担金の減額または免除、または徴収猶予が必要であると認められた場合に、減額または免除は3か月以内、徴収猶予は6か月以内の期限に限って適用となります。(減額及び免除については入院療養時のみ適用のため、外来療養の場合は徴収猶予になります。)
【対象者(一部のみ記載)】
1. 震災、風水害、火災等、これらに類する災害により死亡し、障がい者となり、または資産に重大な損害を受けたとき。
2. 失業等により収入が著しく減少したとき。

お問い合わせ

東京都 日の出町 町民課保険年金係

電話: 042-597-0511(内線284、285、286) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム