ページの先頭です

介護のお仕事(介護職応援ページ)

[2018年11月13日]

「介護のお仕事」は、介護を学び、就職を考えている方や介護サービスを提供する事業者を応援するページです。日の出町、厚生労働省、東京都が行っている支援制度やイベントなどの最新情報や、現在、介護と関わりのない方が介護に興味を持っていただくきっかけとなるよう情報を発信します。

更新情報
更新日内容
11月7日

「介護職員奨学金返済・育成支援事業」を追加。

10月23日

「介護のお仕事とは?」「どのような場所で働くの?」を追加。

10月22日

「介護・福祉の仕事はキツイ?「変わりゆく福祉職場の“今”」(老人ホーム編)」を追加。

「福祉のお仕事」を追加。

「仕事と介護の両立支援」を追加。

「育児休業・介護休業制度」を追加。   

10月12日

介護のお仕事(介護職応援ページ)を開設。

介護のお仕事に興味がある方

介護の仕事とは?

介護を必要とする方は、自宅で生活を続ける人、施設へ入所する人、日中だけ施設を利用する人などさまざまです。そうした生活を支えるため、在宅・施設を問わず介護の職場では、多くの職種の職員が働いています。その中で代表的な職種について紹介します。
代表的な職種
 職種 仕事内容
介護職員 介護保険施設等に入所している高齢者に対し、生活全般にわたって援助するケアワーカーです。具体的には、寝たきりや認知症高齢者に対する入浴、排泄、食事、移動などの介護、福祉用具の管理、誕生日会や花見などの行事の開催、家族や施設との連携、医師や看護師への連絡など多岐にわたります。

訪問介護員

介護が必要な高齢者の居宅を訪問し、身体介護や生活援助、外出時における移動の介護、相談・助言、その他必要な日常生活上の援助を行います。2005年7月以降、爪切りや体温の測定、一定の条件のもとでの軟膏の塗布、座薬の挿入などの医療行為でないもの、また2013年4月以降は、在宅の患者のたんの吸引も行うことが認められました。
介護支援専門員要介護・要支援の状態にある高齢者やその家族の相談に応じ、その心身の状況に応じた適切な介護サービスが利用できるよう、介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、市町村や居宅サービス事業者、介護保険施設との連絡・調整を行う専門職です。

生活相談員

介護保険施設に入所している高齢者に対する各種の相談や援助、援助計画の立案・実施、また、関係機関との連絡・調整を行います。

どのような場所で働くの?

高齢者にかかわる介護の現場は、利用する方の状況に合わせて多くの種類があります。


(1)介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

 自分の家で生活することが厳しくなった高齢者のための施設です。

  ●食事、入浴、排せつなどの介助

  ●健康管理やリハビリ など


(2)通所介護(デイサービス)

 自分の家で生活する高齢者が日帰りで通う施設です。

  ●食事、入浴、排せつなどの介助

  ●健康管理やリハビリ など


(3)訪問介護(ホームヘルプサービス)

 高齢者の家で日常生活の支援をします。

  ●食事、入浴、排せつなどの介助

  ●掃除や洗たくの介助 など

介護・福祉の仕事はキツイ?「変わりゆく福祉職場の“今”」(老人ホーム編)

東京都では、少子高齢化の進展に伴い、福祉サービスの必要性が高まっています。
今後、福祉サービスを必要とする方々の生活を支えるためには、福祉人材を更に増やしていく必要があります。
そこで、東京都は、中高生やその保護者、教職員等に対し、福祉の仕事の魅力を伝えるため、映像「変わりゆく福祉職場の“今”」を作成しました。
この映像は、今後さらに重要となる福祉の仕事の意義を伝えるとともに、これまで3Kと言われていた福祉職場が、魅力的で働きやすい職場に変わりつつあることを紹介する内容となっています。
メディアで報じられているものとは少し異なる福祉の仕事の実態をご覧ください。

Ch.3 介護・福祉の仕事はキツイ?「変わりゆく福祉職場の“今”」(老人ホーム編)(別ウインドウで開く)


【ハローワーク】人材確保・就職支援コーナーの開設(平成30年4月~)

少子高齢化の進展等を背景に福祉分野(介護・看護・保育)等の人材ニーズがますます高まってきています。このため、都内6カ所(渋谷・池袋・足立・木場・八王子・立川)のハローワークに設置していた福祉分野の専門相談窓口「ハートフルワークコーナー」を、平成30年4月に「人材確保・就職支援コーナー」にリニューアルされました。「人材確保・就職支援コーナー」では、福祉分野等の仕事を希望する方や当該分野の人材を必要とする事業主の皆さんをサポートします。また、人材確保・就職支援コーナーをハローワーク墨田に新たに開設されております。

【最寄りの人材確保・就職支援コーナー】

立川  : 立川市緑町4-2 立川地方合同庁舎 042(525)8629

八王子 : 八王子市子安町1-13-1 042(648)8612

【福祉人材センター・バンク】福祉のお仕事

福祉人材センター・バンクでは、福祉分野で働きたい方と人材を求める事業所を結びつける無料職業紹介事業を中心として、さまざまな事業を展開しています。また、幅広い人びとに福祉への理解・関心をもってもらい、福祉の仕事に参加してもらえるように、福祉の仕事説明会や再就職支援、福祉講座、学校訪問による次代を担う子どもたちへのイメージアップにも取り組んでいます。


介護職の方・介護事業者の方

【都事業】介護職員奨学金返済・育成支援事業

東京都では平成30年度から新たに、若者を介護職として確保・育成するための取組として「介護職員奨学金返済・育成支援事業」を実施しています。本事業では、介護保険事業所等が、在学中に奨学金貸与を受けた新卒者等を雇用し、その奨学金返済相当額を手当として支給した場合に、東京都が事業者に対して手当相当額を補助します。なお、現在事業所で働いている介護職員(現任介護職員)が本事業の対象となるのは、平成30年度のみになります(経過措置)。

【平成30年度新規事業】介護職員奨学金返済・育成支援事業

交付申請に関する説明会参加申込書(12月4日開催・12月7日開催)

【都事業】東京都介護職員キャリアパス導入促進事業

東京都では、介護職員の育成・定着を図るため、キャリアパスの導入に取り組む介護事業所を支援しています。各事業の事務手続き・補助金の申請等につきましては、東京都福祉保健財団へ直接問い合わせてください。

東京都介護職員キャリアパス導入促進事業

とうきょう介護と仕事の両立応援デスク(略称:応援!はたらくかいご)

都内で働いている方、企業の人事労務担当者の方、介護と仕事の両立について不安や悩みを抱えていませんか?介護をしながら働くことについて、「応援!はたらくかいご」へなんでもご相談ください。専門の相談員が対応します。

相談受付用電話番号 : 0570-00-8915

相談受付時間

 月曜日~金曜日 午前11時~午後8時

 土曜日       午前9時~午後5時

 ※日曜日、休日及び年末年始は休業

相談無料!秘密厳守!

介護離職ゼロを目指して

現在、介護を理由として離職する方が毎年約10万人いると言われています。政府としては、一億総活躍社会を実現するため、必要な介護サービスの確保を図るとともに、働く環境の改善や家族への支援を行うことで、2020年代初頭までに、介護離職者をなくすることを目指しています。

育児休業・介護休業制度

介護休業制度や育児休業制度についてご存知でしょうか?

介護・育児と仕事を両立していくために活用いただける制度情報を掲載いたします。

仕事と介護の両立支援

職場における、仕事と介護の両立支援について、動画でご案内しています!

企業の人事労務担当者向け、管理職向け、社員向けの3種類があります。社内の研修用動画としてもぜひご利用ください。

ご利用にあたっては利用規約(別ウインドウで開く)をご参照ください。


【動画】仕事と介護の両立支援

人事労務担当向け(別ウインドウで開く)

管理職向け(別ウインドウで開く)

社員向け(別ウインドウで開く)


☆動画内でご案内しているマニュアル等はこちら(別ウインドウで開く)からダウンロードできます。

お問い合わせ

東京都 日の出町 いきいき健康課介護保険係

電話: 042-597-0511(内線385、386 、380) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム


介護のお仕事(介護職応援ページ)への別ルート