ページの先頭です

職員採用情報

[2018年8月9日]

平成31年度採用 日の出町職員を募集します

平成31年度採用 日の出町職員「一般行政職」を募集します。募集内容はつぎのとおりです。

※ 受験申込書・エントリーシートは8月9日(木曜日)から9月7日(金曜日)まで掲載いたします。
   以後、ダウンロードはできません。

職種と採用予定人員

一般行政職・若干名

受験資格

平成元年4月2日~平成13年4月1日までに生まれた方
普通自動車運転免許取得または取得見込みの方(見込みの方は採用後半年以内に取得してください)
※地方公務員法第16条の欠格条項に該当する方は受験できません。

採用予定日

平成31年4月1日

申込書の配布方法

役場2階「総務課職員係」で配布します。また、当ホームページでもダウンロードできます。

申込書の配付期間

8月9日(木曜日)~9月7日(金曜日)
※役場2階「総務課職員係」での配付は、平日(月曜日~金曜日)午前8時30分~午後5時(正午~午後1時は除きます)

申込みの方法

申込書およびエントリーシートを直接本人が役場2階「総務課職員係」に持参してください。

申込期限

9月7日(金曜日)
平日午前8時30分~午後5時(正午~午後1時は除きます)

一次試験

エントリーシートによる書類選考

二次試験

10月14日(日曜日)

町長からのメッセージ

 日の出町のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

 このホームページをご覧いただいている皆さんは、就職活動真っ只中の方、既に内定が決まっていて、より自分にあった就職先を探されている方、転職を考えている方など、状況は違っても地方公務員という仕事に興味を持たれている方々と存じます。


 「地方公務員」といっても、公共団体の規模や地勢、また重点をおいている施策により、携わることのできる業務は変わります。就職先をお探しの皆さんには、自己の能力を十分発揮できる職場に出会い、充実した生活を送っていただきたいと思い、その候補のひとつとなるよう本町の紹介をさせていただきます。


 日の出町は、都心から50キロメートル圏内に位置し、人口は約1万7千人です。面積の7割が山林で、西側の中山間部は、日の出山やつるつる温泉、さかな園など自然豊かな観光エリアが広がり、東側に位置する平地部にある圏央道日の出インターチェンジの周辺には、工業団地やイオンモール日の出が進出し、住宅地の整備が進むなど、人と自然が調和した緑豊かな町です。


 現在、日の出町は「躍進 ひので!ニュー5大作戦」を着実に推進するとともに、環境にやさしい「環境先進都市 ふるさと日の出」を基調に町づくりを推進しているところです。


  地方公共団体である町には、「地域並びに住民の生命、身体及び財産を守る」という責任があります。その重要な役割を果たすため、本町で働く職員には、日々変化する社会情勢や多様化・高度化する住民皆さんからの要望に対し、現状の問題点・課題を見つけ、最適な改善策を考える力と意欲が求められます。

  もうひとつ、規模の小さい本町の職員として大切なことは、協調・協力の姿勢です。例えば災害が発生した時には、担当を超え、時には行政間を超えて緊急対応にあたらなければなりません。予想を超える事態に対しても、職員が互いに気持ちと力を合わせて、向き合う覚悟が必要です。大変責任の重い仕事ですが、取り組んだ成果が住民の声として直に感じることができ、やりがいを持って働くことができる仕事です。


  現在、本町では約170名の職員が働いています。イベント開催時には互いに協力し合い全体で取り組むことや、職員の自主的な活動もあり、普段から職員同士交流する機会は多いため、職場の雰囲気には比較的早くなじむことができると感じています。ここ3年間で約20名の職員を迎えておりますが、それぞれの職場で課題に直面しながらも日々成長しており、意欲と向上心を持って今後さらに活躍の場を広げていくことを期待しているところです。


  本町に興味を持ち、一緒に働いてみたいと思っていただけましたら、受験申込書を手に日の出町役場へお越しください。


  このメッセージをお読みいただいた皆さんが、活躍できる職場に出会えること、ご縁があれば本町職員の仲間となり、地域の方とともにこれからの日の出町をつくって行けることを心より祈念しております。


                                                                                                                                                       日の出町長 橋 本 聖 二


日の出町の求める職員像

1.町民の目線で考え、スピード感を持って仕事をし、信頼にこたえる職員

2.常に問題意識と柔軟な発想を持ち、新たなチャレンジを続ける職員

3.情報共有とチームワークを大切にし、組織力向上に努める職員

4.夢とやりがいを持ち、「自己実現」と「まちづくり」を両立する職員

                                                     -日の出町人材育成方針-

先輩職員からのメッセージ

1 企画財政課 企画係 原 祐一(担当係長) 平成8年採用

(1)現在の業務内容、やりがいを教えてください。

  町政の基本的施策の企画及び調整等を行う部署であることから、庁内の他部署との連携や調整が必要なことが多くあり、調整力やコミュニケーション能力を身に着けるチャンスが多くある部署だと思います。

  また、ひので夏まつりの事務局も担当しており、夏まつりを通じて直接町民の方と触れ合い、笑顔で会場を後にする来場者を見たときは、やりがいを感じます。

 

(2)町職員として働く中で感じている、日の出町の魅力を教えてください。

  良い意味で中途半端に田舎過ぎず都会過ぎず、また、すごく温かみのある町だと思います。

 

(3)日の出町の職員として働く上で、心がけていることを教えてください。

  相手の目線に立って物事を考えること、そして、笑顔を絶やさず、心にゆとりをもって毎日の仕事を行うことを心がけています。

 

(4)今後挑戦したいこと、目標としていることを教えてください。

  自分自身が、まだまだ知らない町の魅力を知り、いろいろな人にその魅力を伝えていきたいです。 

 

(5)将来仲間になる皆さんへ、アドバイス・メッセージをお願いします。

  良い意味で中途半端に田舎過ぎず都会過ぎず、また、すごく温かみのある町、そんな「日の出町」でぜひ、一緒に働きましょう!!

2 東京都後期高齢者医療広域連合派遣 橋本 美穂(主任) 平成22年採用 

(1)現在の業務内容、やりがいを教えてください。

   現在は日の出町から派遣され、主に東京都内の75歳以上の方が加入する東京都後期高齢者医療広域連合にて、保険料の賦課を担当しています。東京都内の全区市町村や約150万人の被保険者からの問い合わせが集まってくるのでより専門的な知識が求められ、責任の大きな仕事であることを感じています。また、広域連合は都内区市町村からの派遣職員で構成されています。それぞれ仕事のやり方、考え方が異なる職員が一緒に働くことは自分にとってよい経験になると思っています。

 

(2)町職員として働く中で感じている、日の出町の魅力を教えてください。

   窓口では住民の方から厳しいご意見をいただくこともありますが、直接感謝の言葉をいただくことも多くあります。住民の方の中には自分が対応したことを覚えていていただき、部署が変わっても声をかけてくれる方がいます。また、職員同士部署に関係なく、何か困っていることがあるか気にかけてくれる方がたくさんいます。この人と人との温かいつながりが日の出町の魅力だと思います。

 

(3)日の出町の職員として働く上で、心がけていることを教えてください。

   日の出町の職員数は多くないため、職員一人ひとりに幅広い知識が求められます。また、窓口では住民の方からのさまざまな質問を受けることが多々あります。さまざまなケースに対応するため自らの仕事はもちろんですが、自らの仕事以外についても自分から積極的に知識を吸収するようにしています。また、公務員として仕事をする上で根拠となる法令知識は欠かすことができません。日々の業務において疎かになりがちですが根拠法令の確認をするよう心掛けています。

 

(4)今後挑戦したいこと、目標としていることを教えてください。

   現在は広域連合への派遣という貴重な機会を与えてもらっているので、広域連合でさまざまな経験をしたいと思っています。そして、日の出町に戻った際にこの経験を活かせるよう頑張っていきたいと思います。          

 

(5)将来仲間になる皆さんへ、アドバイス・メッセージをお願いします。

   公務員として働くことは感謝されるなど良いことだけでなく、大変なこと、辛いことも多くあります。私自身落ち込むこと、悩むことが多々ありました。そんな時に話を聞いてくれ、親身に相談に乗ってくれる周りの職員に助けられながら仕事をしてくることができました。また、住民の方の声に励まされた経験もあります。お互いに助け合える環境が日の出町にはあると思います。こんな環境で皆さんと日の出町のために一緒に仕事をできる日を楽しみにしています。

3 産業観光課 農林振興係 細金 俊亮(主事) 平成30年採用

(1)現在の業務内容、やりがいを教えてください。

  私は森林に関する業務を担当しております。具体的には、森林地帯に設けられる道路(林道)の工事の設計書作成、工事の発注、点検、管理が主な業務です。現場に出ることが多く大変な時もありますが、日々学びながら楽しく業務に当たっています。採用されてからまだ日が浅く分からないことも多いですが、少しずつ理解が深まっていくことが実感できるとやりがいを感じます。

 

(2)日の出町を選んだ理由を教えてください。

  生まれ育った地元の自治体ではなく、自然が豊かな中で住民と近い距離で仕事がしたいと考えたからです。

 

(3)就職する前後で、仕事に対するイメージが変わったことはありますか?

  入庁する以前は、公務員はスーツを着て、事務仕事をこなして、窓口でお客様の対応をする、というイメージでした。しかし、実際に入庁して配属が決まるとそのイメージとは180度違いました。作業着を着て、現場に出て、作業をする。公務員のイメージとはかけ離れた業務かもしれませんが、地域に貢献するという点では、これも公務員の仕事なのだなと強く思いました。

 

(4)日の出町の職員として働く上で、心がけていることを教えてください。

  自分の仕事に誇りを持つことと楽しむことを常に心がけています。現場系の仕事は大変だとか、公務員のやる仕事ではない、と思う人もいるかもしれません。実際、大変なことは多いし、時には力仕事もあります。

しかし、現場系だからこそ経験できることや味わえる達成感は格別だと思います。現場系のこの仕事が自分の仕事なのだと言う、日の出町職員としての誇りとその仕事を目一杯楽しむことを忘れないようにしています。

 

(5)将来仲間になる皆さんへ、アドバイス・メッセージをお願いします。

  自分のやりたいことが必ずできるとは限りません。しかしどんな仕事でも絶対にやりがいのある仕事だと思います。私は日の出町で働くことができて本当に良かったと感じています。さまざまな職種を経験できる日の出町に少しでも興味が涌いたら、是非チャレンジしてみてください!きっと素敵な出会いが待っています。皆さんと一緒に働けることを心から楽しみにしています!

4 町民課 窓口サービス係 浅野 和美(主事) 平成30年採用

(1)現在の業務内容、やりがいを教えてください。

  窓口で戸籍の証明、住民票の写し等の作成・交付、印鑑登録、自動車臨時運行の許可、転出・転入等の住民異動届の受付などを行っています。

  戸籍は人生の節目となるものが多い届出です。専門的な知識が必要で責任は重大となります。先輩方に手助けをいただきながらですが、一人ひとりの生活に密着し、人の一生に深く関わっているんだなと改めて実感します。

 

(2)日の出町を選んだ理由を教えてください。

  学生の頃経験したインターンシップで多くの方の役に立ちたい、また町民の暮らしを直接サポートし、関わりながら行っていく業務に魅力に感じました。日の出町の進めている「日本一の福祉の町づくり」に強く共感し日の出町を志望しました。

 

(3)就職する前後で、仕事に対するイメージが変わったことはありますか?

  就職する前は公務員のイメージは堅い印象でしたが、先輩職員は話しやすくて窓口や電話の受け取り方、業務内容などを何度も丁寧に教えていただき、困ったことがあった時にも相談しやすい環境だと思います。

 

(4)日の出町の職員として働く上で、心がけていることを教えてください。

  窓口に来る方々は一人ひとりさまざまな状況です。不安なことがあれば先輩に相談をしながら一つ一つ慎重に取り組んでいます。報告・連絡・相談をするよう心がけています。また個人情報を取り扱っているため注意を払いながら業務を行っています。

 

(5)将来仲間になる皆さんへ、アドバイス・メッセージをお願いします。

  一つ一つの仕事に大きな責任がありますが、やりがいもあります。

  役場の仕事は課・係によってさまざまで幅広いです。内容を理解していくのも大変だと思いますが日々成長のできる場所だと思います。まだまだ私も学ぶことばかりですが積み重ねがいつか繋がってくると思っています。一緒にお仕事ができる日を楽しみにしています。頑張ってください。

お問い合わせ

東京都 日の出町 総務課職員係

電話: 042-597-0511(内線303、304、305) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム