ページの先頭です

イエローチョーク作戦(犬のフン害対策)

[2018年12月1日]

イエローチョーク作戦(犬のフン害対策)の実施

犬のフンを放置する人の多くは、人目があると回収していきます。この取り組みは、「他人の目がある」「フンの放置は許さない」という地域の態度を飼い主に認識させ、心理に訴えかけ、飼い主のモラル向上を啓発することで、フンの放置をなくすことが目的です。

準備する物

黄色のチョーク

※ ご希望の方には、生活安全安心課でイエローチョークを配布します。

(環境にやさしい炭酸カルシウム製チョークを推奨します。)

作戦の方法

1.放置フンの周囲を線で囲む。

2.「発見日時」を書く。

3.時間を変えて現場を見る。

(1) あるとき→線で囲って「確認日時」を書く。

(2) ないとき→「なし」と書いて「確認日時」を書く。

4.予防にはパトロ―ル中と書く。

5.「なし」と書いた時間の後にフンを放置していることが確認できたらその間に発生していることになります。(夜間や早朝など)

・これを繰り返すことで減少します。

 

注意 許可なく私有地に書かないようにしてください。


お問い合わせ

東京都 日の出町 生活安全安心課環境リサイクル係

電話: 042-597-0511(内線334、335、336) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム


イエローチョーク作戦(犬のフン害対策)への別ルート