ページの先頭です

予防接種ガイド

[2019年4月1日]

予防接種とは

予防接種とは、感染症に対するワクチンを接種することで、感染症に対する免疫を事前に獲得することです。

ワクチンの種類によっては接種回数が違い、定められた回数を接種することでより強固な免疫を獲得することができます。

また、免疫を獲得することは感染症の発症を防ぐだけでなく、まん延を防ぐことにも繋がります。


定期接種と任意接種

定期接種

定期接種とは、予防接種法により国が接種を勧奨している予防接種の事です。日の出町は対象になった方に通知を送ります。通知に従いワクチンを接種してください。接種費用については全額町が助成します。


任意接種

任意接種とは、接種するかどうかは本人または保護者の判断に任されている予防接種のことです。接種費用については基本的に全額自己負担になります。


生ワクチンと不活化ワクチン

生ワクチン

生ワクチンとは、病原性(毒性)を極度に弱めたウイルスや細菌等をワクチンとしたものです。

毒性が弱められたウイルスや細菌が体内で増殖する過程で、免疫を高めていくので、接種の回数は比較的少なくて済みます。

十分な免疫ができるまでに約1ヶ月必要なため、生ワクチン接種後は27日以上間隔をあけなければ他のワクチン接種はできません。

不活化ワクチン

不活化ワクチンとは、病原性を無くしたウイルスや細菌等をワクチンとしたものです。

ウイルスや細菌が体内で増殖しないため、生ワクチンと比べると、1回の接種で獲得する免疫は十分ではありません。

よって、十分な免疫を獲得するには複数回接種する必要があり、接種回数は生ワクチンより多いです。

不活化ワクチン接種後は6日以上の間隔をあけて他のワクチン接種をします。

予防接種手帳について

日の出町では、お子さんが生まれた翌月に「予防接種手帳」を送付しています。

「予防接種手帳」には、定期予防接種を受けるのに必要な「予診票」が含まれています。接種の際には切り取って使用してください。


定期接種ワクチンについて

BCG

対象年齢

1歳の誕生日を迎える前日まで

標準期間

生後5月から生後8月未満に1回接種

日の出町では、BCGの集団接種を保健センターで実施しており、対象の方に通知しております。

生まれにより実施日をわけていますが、対象の実施日で都合がつかない場合、生後1歳に至るまでは定期接種となるため、他の実施日または個別で医療機関に予約し、接種してください。

集団接種日程表

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ヒブ

対象年齢

生後2月から生後60月(5歳)を迎える前日まで

標準期間

生後2月から生後7月未満

初回免疫:27日から56日の間隔をあけて3回接種(生後12月を迎えるまで)

追加免疫:初回接種終了後から7月から13月あけて1回接種


上記標準期間外に接種を開始する場合は、下記のとおりになります


※接種開始が生後7月から生後12月(1歳)を迎えるまでの場合

初回免疫:27日から56日の間隔をあけて2回接種(生後12月を迎えるまで)

追加免疫:初回接種終了後から7月から13月あけて1回接種


※接種開始が生後12月から生後60月(5歳)を迎えるまでの場合

ヒブワクチンを1回接種


保健師による新生児訪問の際に、ご案内をしています。

  

小児用肺炎球菌

対象年齢

生後2月から生後60月(5歳)を迎える前日まで

標準期間

接種開始が生後2月~7月未満

初回免疫:27日以上の間隔をあけて3回接種(生後12月を迎えるまで)

追加免疫:初回接種終了後から60日以上の間隔をあけて1回接種(生後12月から生後15月を迎えるまで)


上記標準期間外に接種を開始する場合は、下記のとおりになります


※接種開始が生後7月から生後12月(1歳)を迎えるまでの場合

初回免疫:27日以上の間隔をあけて2回(生後12月を迎えるまで)

追加免疫:初回接種終了後から60日以上の間隔をあけて、かつ生後12月(1歳)以降に1回接種


※接種開始が生後12月から生後24月を迎えるまでの場合

60日の間隔をあけて2回接種


※接種開始が生後24月から生後60月を迎えるまでの場合

肺炎球菌ワクチンを1回接種


保健師による新生児訪問の際に、ご案内をしています。

  

B型肝炎

対象年齢

生後12月を迎えるまで

標準期間

生後2月から生後9月未満に3回接種

ワクチンを27日の間隔をあけて2回接種し、1回目の接種から139日以上の間隔をあけて3回目を接種

1、2回目接種については保健師による新生児訪問の際に、ご案内をしています。

3回目接種については、1回目接種から139日経過する月に通知をしています。

  

4種混合

対象年齢

生後2月から生後90月(7歳6ヶ月)

標準期間

初回免疫:20日から56日の間隔をあけて3回接種

追加免疫:初回終了後12月から18月の間隔をあけて1回接種


また、第2期として11歳から12歳までに1回接種(対象者:11歳から13歳を迎えるまでに1回接種)

日の出町では第2期を小学6年生に通知し、保健センターで集団接種を行います。



初回免疫については、保健師による新生児訪問の際に、ご案内をしています。

追加免疫については、初回免疫終了後1年経過する月に通知をしています。

  

水痘(水ぼうそう)

対象年齢

生後12月から生後36月(3歳)を迎えるまで

標準期間

初回免疫:生後12月から生後15月の間に1回接種

追加免疫:初回終了後から6月から12月間隔をあけて1回接種

初回免疫については、生後12月を迎える月に通知をしています。

追加免疫については、初回免疫接種後から6ヶ月経過する月に通知します。

  

麻しん・風しん(MR)

対象年齢

1期:生後12月(1歳)から24月(2歳)を迎えるまで

2期:小学校就学する前の1年間

標準期間

1期:対象年齢の期間に1回接種

2期:対象年齢の期間に1回接種

第1期については、生後12月を迎える月に通知しています。

第2期については、小学校就学する前の年度の4月に通知しています

  

日本脳炎

対象年齢

生後6月から生後90月(7歳6ヶ月)

標準期間

初回免疫:3歳から4歳を迎えるまでに6日から28日の間隔をあけて2回接種。

追加免疫:4歳から5歳を迎えるまでに(初回免疫終了後、概ね1年経過後)1回接種。


また、第2期として、9歳から10歳の間に1回接種(対象年齢:9歳から13歳を迎えるまでに1回接種)

日の出町では第2期を小学4年生に通知し保健センターで集団接種を行います。


初回免疫については、生後36月(3歳)を迎える月に通知しています。

追加免疫については、初回免疫終了後1年経過する月に通知しています。

  

子宮頸がん

厚生労働省により積極的な接種勧奨の一時差し控えが決定され、日の出町はその指示に従い勧奨を控えています

接種を希望する場合は、子宮頸がんワクチン接種の有効性とリスクを十分理解した上で行ってください。接種費用については全額町が助成します。

詳しくは厚生労働省ホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

対象年齢

11歳から17歳を迎えるまで

標準期間

2価ワクチン(サーバリックス):13歳となる日の属する年度に1月の間隔をあけて2回接種し、1回目の接種から6月の間隔をあけて3回目を接種

4価ワクチン(ガーダシル):13歳となる日の属する年度に2月の間隔をあけて2回接種し、1回目の接種から6月の間隔をあけて3回目を接種

 

問い合わせ

いきいき健康課 健康推進係 (保健センター) 電話042-597-0511 内線506

お問い合わせ

東京都 日の出町 いきいき健康課健康推進係

電話: 042-597-0511(内線501、502、504、505、506) ファクス: 042-597-0628

お問い合わせフォーム