ページの先頭です

ひので映画100回記念事業

[2019年3月13日]

ひので映画大使100回記念事業

  • 期日 平成31年2月9日(土曜日)
  • 場所 イオンシネマ日の出

 昨年12月の開催で100回目を迎えた「ひので映画大使」の100回を記念して、イオンシネマ日の出にて「映画鑑賞会・映画講座」及び「立食パーティー」を開催いたしました。

 当日は、大雪が予想される中ではありましたが、幸い降る雪も少なく、何名か欠席をされた方はいらっしゃいましたが、記念事業を開催することができました。

 対象は現大使と、過去に大使として活動いただいた方です。

 また、映画大使の普及を目的に、一般の町民(映画大使に登録された事がない方)も映画鑑賞会・映画講座のみ公募いたしました。

      

 当日は、事業開会時に小林教育長と現イオンシネマ日の出 総支配人 山下 氏にご挨拶をいただきました。

 

 鑑賞作品は、1921年に公開されたアメリカ作品の「椿姫」を弁士付き無声映画での上映とし、活弁は活動弁士のハルキ 氏にお願いし、上映後に講演も行っていただきました。講演の内容は、「映画の歴史」で、映画ができる以前の話から、現在につながるお話をわかりやすく説明してくださいました。

 弁士付きの無声映画は、初めて観られる方が多く「大変素晴らしかった」「また観たい」「弁士の力強い声に圧倒された」「大変感動した」などの感想をいただき、既に弁士付き無声映画をご覧になられていた方からは、「懐かしい」などの感想をいただくなど好評の声を多くいただきました。

 劇場につきましては、イオンシネマ日の出のスクリーンを「シアターレンタル」として借りきりました。(3番スクリーン)

 

 続いて現・旧映画大使を対象とした劇場内での立食パーティーでは、初代ワーナーマイカル日の出(イオンシネマ日の出) 総支配人 渋谷 氏にご祝辞をいただき、大使を代表して、清水孝一郎 氏に乾杯の音頭をとっていただきました。

 パーティー中には、スクリーンに映し出された100回分の集合写真を観ていただいたり、参加された方より「映画大使の思い出」や「今まで観た中でのベストワン作品」などについて語っていただいたりし、大変和やかな雰囲気でした。

 大使の方からも、「素晴らしいイベントでした」などの声を多くいただきました。

 この映画大使が150回、200回といつまでも続きますよう、大使の皆さんと一緒に楽しく活動していきたいと思います。

 これからも映画大使をよろしくお願いいたします!!

100回記念事業その1

弁士付きの無声映画の上映
活動弁士 ハルキ 氏

100回記念事業その2

現・旧映画大使を対象とした劇場内での立食パーティー

100回記念事業その3

スクリーンに映し出された100回分の集合写真を観ながら思い出話に花を咲かせていらっしゃいました

関連ページ

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

東京都 日の出町 文化スポーツ課 社会教育係
電話: 042-597-0511(内線541) ファクス: 042-597-6698