ページの先頭です

新型コロナウイルス関連肺炎について(Novel Coronavirus)

[2020年2月25日]

内閣官房で新型コロナウイルス感染症対策に関するホームページ開設しております。

下記URLをクリックしてご覧ください。

http://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html


症状

 発病すると、発熱・全身倦怠感・咳・息切れ等の症状が出現し、高齢者や基礎疾患のある方は重症化する場合もあると言われています。

予防するためには

 流水と石鹸による手洗いを頻繁に行いましょう。特に、外出した後や咳をした後、口や鼻、目等に触る前には手洗いを徹底しましょう。
 また、通勤・通学の際の電車など、人の多く集まる場所ではマスクを着用し、予防に努めましょう。

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください

 2月17日、国が新型コロナウイルスに関する受診目安について公表しました。次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

〇風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている

〇強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※高齢者や基礎疾患のある方はこれらの状態が2日程度続く場合が該当します。

上記の疑いがある方で、医療機関を受診する場合は、「帰国者・接触者相談センター」から勧められた医療機関を受診してください。

なお、受診の際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底をお願いします。



東京都福祉保健局リンク(「帰国者・接触者相談センター」ページ)


【厚生労働省】新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

帰国者・接触者相談センター

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省ホームページより転載)

すべての方へ

コロナウイルスとはどのようなウイルスですか?

発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることが分かっています。それらの中には、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれています。それ以外の4種類のウイルスは、一般の風邪の10~15%(流行期は35%)の原因となるものです。
詳しくは、国立感染症研究所「コロナウイルスとは」をご覧ください。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html

新型コロナウイルスはヒトからヒトへうつりますか?

新型コロナウイルス感染症の現状からは、ヒトからヒトへの感染は認められるものの、我が国において、現在、流行が認められている状況ではありません。
風邪やインフルエンザと同様に、まずは咳エチケットや手洗い等の感染症対策を行うことが重要です。

新型コロナウイルスは動物からうつりますか?

新型コロナウイルスは、ペットから感染するものではありません。なお、動物を媒介する感染症は他にありますので、普段から動物に接触した後は、手洗い等を行うようにしてください。

二次感染のリスクはありますか?

ヒトからヒトへ感染したという例が報告されています。感染のしやすさは、インフルエンザと同等であるなどさまざまな研究が世界では報告されていますが、確かなことは現時点では分かっていません。

潜伏期間はどのくらいですか(その期間も感染しますか)?

潜伏期間は現在不明ですが、他のコロナウイルスの状況などから、最大14日程度と考えられています。
なお、世界保健機関(WHO)の報告によれば、現時点の潜伏期間は2-10日とされています。
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/situation-reports

参考までに、他のコロナウイルスについては、国立感染症研究所「コロナウイルスとは」をご覧ください。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html

無症状病原体保持者から感染しますか?

無症状病原体保持者からの感染を示唆する報告(https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2001468)もみられますが、現状では、今回の新型コロナウイルスについてまだ確実なことはわかっていません。通常、肺炎などを起こすウイルス感染症の場合、症状が最も強く表れる時期に、他者へのウイルスをうつす可能性も最も高くなると言われています。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/about/transmission.html

新型コロナウイルス感染症はどのように感染しますか?

新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。
(1)飛沫感染
感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染します。
※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所
(2)接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。
※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

感染を予防するために注意すべきことはありますか。心配な場合には、どのように対応すればよいですか?

まず、一般的な衛生対策として、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行っていただくようお願いします。
咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の人に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です。
また、持病をお持ちの方などは、上記に加えて、公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど、より一層の注意をするようお願いします。
14日以内に湖北省への渡航歴のある方あるいはこれらの方と接触された方で、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に保健所へ連絡したうえで、受診していただきますよう、御協力をお願いします。また、医療機関の受診においては、湖北省の滞在歴があることまたは湖北省に滞在歴がある方と接触したことを事前に申し出てください。

咳エチケットとは何ですか?

咳エチケットとは、感染症を他人に感染させないために、咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。
詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html

マスクをした方がよいのはどのような時ですか?

マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。
予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる効果はあまり認められていません。

一般的に濃厚接触とはどのようなことでしょうか?

必要な感染予防策なしで、手で触れることまたは対面で会話することが可能な距離(目安として2メートル)で、接触した方などを濃厚接触者としています。

感染が疑われる場合、どこの医療機関に行けば検査、診療をしてもらえますか?

「14日以内に湖北省への渡航歴がある方あるいはこれらの方と接触された方」ではない場合は、お近くの医療機関を受診してください。
湖北省への渡航歴や感染が明らかな方との接触歴などがあり、発熱や咳などの症状がある方については、最寄りの保健所等に設置されている「帰国者・接触者相談センター」に問い合わせてください。「帰国者・接触者相談センター」において、武漢市を含む湖北省への渡航歴や感染が明らかな方との接触歴などを確認し、発熱や咳などの症状がある方については、「帰国者・接触者外来」を設置している医療機関をご案内します。
「帰国者・接触者相談センター」は、感染が疑われる方から電話での相談を受けて、必要に応じて、帰国者・接触者外来へ確実に受診していただけるよう調整を行います。
「帰国者・接触者相談センター」は、2月上旬を目処に、各保健所に設置されます。
なお、相談時間等につきましては、最寄りの保健所に問い合わせてください。
 なお、設置までの間は、下記のホームページをご覧いただき、最寄りの保健所に問い合わせてください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/

どのように診断しますか?

診断方法としては、核酸増幅法(PCR法など)がありますが、実際に検査を検討する場合は、「疑似症定点」の医療機関から疑似症として保健所に届出後、地方衛生研究所または国立感染症研究所で検査することになります。
まずはお近くの保健所に問い合わせてください。

治療方法はありますか?

現時点で、このウイルスに特に有効な抗ウイルス薬等はなく、対症療法を行います。
詳しくは国立感染症研究所のHP「新型コロナウイルス(2019-nCoV)」に掲載の関連するガイダンスをご参照ください。(医療・検査機関向けQA問12)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov.html

どのような場合には重症化するのですか?

現時点で、どのような方が重症化しやすいか十分に明らかではありませんが、通常の肺炎等と同様に、高齢者や基礎疾患を有する方において、リスクが高くなる可能性は考えられます。新型コロナウイルスに罹った肺炎患者を調査したところは、1年3月―1年2月の方が糖尿病や高血圧等の基礎疾患を有していたとする報告もあります。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/hcp/clinical-guidance-management-patients.html
高齢者や基礎疾患を有する方などは、一般的な衛生対策に加えて、公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど、より一層の注意をするようお願いします。

妊娠中の方、お子さまがいる保護者の方へ

妊娠中に新型コロナウイルスに感染した場合、どのような症状や胎児への影響がありますか?

一般的に、妊娠中に肺炎を起こした場合、妊娠していない時に比べて重症化する可能性がありま
す。しかし、新型コロナウイルスでは感染者数が最も多い中国湖北省でも、現時点で妊婦の重症化
の報告はありません。また、胎児への影響については不明ですが、現時点で胎児障害の報告もありません。
詳しくは以下のページを参照ください。
日本産婦人科感染症学会:新型コロナウイルス感染症について 妊娠中ならびに妊娠を希望される方へ

http://jsidog.kenkyuukai.jp/images/sys/information/20200201155227-66A49FBE3B90CE319651ABC66E65F1ADFF370A715A4303B08CE9E2607157F16D.pdf#search=%27%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9+%E5%A6%8A%E5%A9%A6%27

保育園ではどのような具体的な対策をしていますか?

風邪やインフルエンザと同様に、まずはマスク着用を含む咳エチケットや石けんやアルコール消毒
液などによる手洗いで、感染経路を絶つことが重要です。「高齢者介護施設における感染対策マニュアル改訂版」(厚労省)P.4(感染経路の遮断)https://www.mhlw.go.jp/content/000500646.pdf や「保育所における感染症対策ガイドライン」(厚労省)、P.8(飛沫感染対策)、P.12(接触感染対策) https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000201596.pdf などを活用し、感染対策に努めてください。

家族で湖北省に滞在し帰国しました。子どもを保育園に通わせる前に準備することはありますか?

事前に保育園に電話でご連絡ください。帰国時や湖北省から帰国した方との接触から14日間は登園を避け、外出を控えてください。また、お子さまの健康状態についても、定期的に保育所と共有してください。

湖北省から帰国した園児を保育所へ通園させたいとご家族から相談がありました。どこに相談したらよいですか?

症状などについてまずは、市区町村と保健所にご連絡ください。症状があれば保健所に相談し、無症状でも登園を14日間控えるよう要請しているとをお伝えください。

高齢の方やご家族の方へ

すべての年齢の人々が新型コロナウイルス(2019-nCoV)に感染する可能性がありますが、通常の肺炎などと同様に、高齢者や基礎疾患のある方のリスクが高くなる可能性が考えられます。
世界保健機関(WHO)は、すべての年齢の方に、手洗いと咳エチケットを順守するなど、ウイルスから身を守るための対策をとるよう助言しています。

社会福祉施設などでは、どのような具体的な対策が考えられますか?

風邪やインフルエンザと同様に、まずはマスク着用を含む咳エチケットや石けんやアルコール消毒液などによる手洗いで、感染経路を絶つことが重要です。「高齢者介護施設における感染対策マニュアル改訂版」(厚労省)P.4(感染経路の遮断)https://www.mhlw.go.jp/content/000500646.pdf や「保育所における感染症対策ガイドライン」(厚労省)、P.8(飛沫感染対策)、P.12(接触感染対策) https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000201596.pdf などを活用し、感染対策に努めてください。

家族で湖北省に滞在し帰国しました。社会福祉施設に入所している家族を訪問したいのですが、どうしたらよいですか?

14日以内に湖北省への渡航歴のある方、あるいはこれらの方と接触した方で、咳や発熱などの症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に保健所へ連絡したうえで、速やかに医療機関を受診するよう、ご協力ください。また、医療機関の受診の際は、湖北省の滞在歴があること、または湖北省に滞在歴がある方と接触したことを事前に申し出てください。
「社会福祉施設等における新型コロナウイルスへの対応について」(1月31日付事務連絡)では、湖北省から帰国した職員など(濃厚接触者も含む)は症状がない場合も、帰国または接触から2週間の間は外出を控えていただくよう要請しています。家族の面会も帰国または接触から14日間は控えてください。
対応についてお困りの場合は、最寄りの保健所にご相談ください。

保健所管轄区域案内


発生状況や行政の対策について

現在までの発生状況や死亡者数(海外、国内)

最新の状況については、首相官邸HP:「新型コロナウイルス感染症の対応について」や厚生労働省HP:「新型コロナウイルス感染症について」のうち「報道発表資料」「発生状況」をご覧ください。
首相官邸HP:「新型コロナウイルス感染症の対応について」https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html
厚生労働省HP:「新型コロナウイルス感染症について」https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

感染地域からの入国を適切に管理すべきではないでしょうか。

当面の間、14日以内に湖北省における滞在歴がある外国人、湖北省発行の中国旅券を所持する外国人については、特段の事情がない限り、症状の有無にかかわらず、その入国を拒否することとしています。この措置は、今後の進展によって弾力的に見直す可能性があります。

水際対策としてどのようなことを行っていますか?

新型コロナウイルス感染症は現在検疫法第2条第3号にある政令(検疫法施行令)で指定される感染症です。
そのため、当該感染症の罹患疑いのある患者は、空港や港湾において検疫所で感染していないかの確認を受けることになります。
検疫法上行える措置は、検疫官等による質問、医師による診察、必要と認められる検査、(機内・船内)消毒等です。
現在は、中国全土で当該感染症が流行している事を受けて、日本の水際対策は、中国からの到着便・到着船について全員質問票による聞き取り、ポスター掲示による自己申告の呼びかけ、健康カード配布による国内二次感染等のリスクの軽減等を行っています。
検疫所FORTH: https://www.forth.go.jp/topics/fragment1.html

国内でも感染がみられますが、感染拡大防止としてどのようなことを行っていますか?

厚生労働省では、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(「感染症法」)に基づき、新型コロナウイルスの感染者等に対する入院措置やそれに伴う医療費は原則として公費負担となる指定感染症に指定するとともに、感染の拡大を防ぐための施策や罹患者の受入体制の強化等を図っているところです。
具体的な対応状況については、厚生労働省及び海外渡航者向け検疫所のホームページや、Twitterにおいて、随時、情報提供しておりますので、ご確認ください。
厚生労働省HP:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
厚生労働省Twitter:https://twitter.com/MHLWitter/

中国以外の発症例がある国(地域)からの帰国したお子さまも登園を控えてもらった方がいいでしょうか?

現時点では、登園を控える必要はありませんが、季節性のインフルエンザと同様、保護者と連携してお子さまの健康観察を行い、少しでも咳などの症状が出た場合はまずは病院や嘱託医にご相談ください。

電話相談窓口について

・感染の予防に関すること

・心配な症状があらわれた時の対応に関すること

上記のことについて電話相談窓口が設置されていますので、ご活用ください。


〇「新型コロナウイルス感染症に関する一般相談はこちらの窓口」

厚生労働省 電話相談窓口

電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間 午前9時から午後9時まで(土曜日、日曜日・祝日含む)


東京都 新型コロナウィルス感染症電話相談窓口(コールセンター)

多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)相談 電話番号 0570-550571

聴覚障害の方などからの相談 ファクス番号 03-5388-1396

受付時間 午前9時から午後9時まで(土曜日、日曜日・祝日含む)


東京都西多摩保健所 

電話番号 0428-22-6141(代表)

受付時間 午前9時から午後5時まで(平日のみ)


〇「帰国者・接触者電話相談センター」

東京都西多摩保健所 帰国者・接触者電話相談センター

電話番号 0428-22-6141(代表)

受付時間 午前9時から午後5時まで(平日のみ)


都・特別区・八王子市・町田市合同帰国者・接触者電話相談センター

電話番号 03-5320-4592

受付時間 午後5時から翌午前9時(平日)・土曜日、日曜日、祝日(終日)

下記外部サイトにて、最新の情報をご確認ください

World Health Organization (WHO) Website

Novel Coronavirus

WHO website home

WHO website Disease Outbreak News


【Hand-Washing and Gargling】外国人住民のための多言語による新型インフルエンザ情報【参考】


下記は、(財)自治体国際化協会による新型インフルエンザに関する記事ですが、手洗いうがい等の予防は有効ですので、参考にしてください。


新型インフルエンザが流行する状況の中、日本に約221万人(平成20年末現在)在住する外国人住民のうち、日本語が苦手あるいはわからない人には、流行の状況や対処方法について十分な情報が伝わらず、不安や危機感を生じているおそれがあります。このため、(財)自治体国際化協会では、このたび東京都等の自治体の協力を得て、新型インフルエンザに関する情報を、13言語(英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、日本語)で、提供されています。
その内容は、新型インフルエンザの原因や感染経路、予防のポイント、患者と家族の対応など多岐に渡り、外国人住民の方に、十分な情報を提供し、落ち着いて対応してもらおうとするものですのでご活用ください。


お問い合わせ

東京都 日の出町 いきいき健康課健康推進係

電話: 042-597-0511(内線501、502、504、505、506) ファクス: 042-597-0628

お問い合わせフォーム