ページの先頭です

令和3年7月4日執行 東京議会議員選挙

[2021年6月7日]

選挙期日等

 令和3年7月22日に任期満了となる東京都議会議員の選挙を、次のとおり執行します。


 告示日 令和3年6月25日(金曜日)

 投票日 令和3年7月4日(日曜日)   投票時間  午前7時~午後8時


  投票には、入場整理券をお持ちください。世帯分を一つの封筒で郵送しますので、

  投票の際はご本人の入場整理券であることを、お確かめください。

  投票所の所在地は、「入場整理券」または「町内投票所地図」などで、ご確認ください。

 

 開票  令和3年7月4日(即日開票) 午後9時~

 会場は、役場3階第1・2会議室

投票所

投票所案内図の概略版です

投票区、投票所所在地やその他町内施設の詳細地図は

「投票区及び投票所」http://www.town.hinode.tokyo.jp/0000000598.htmlをご覧ください。

選挙権

年齢要件  平成15年7月5日以前に生まれた方


住所要件  (1)令和3年3月24日までに住民基本台帳法に基づく転入届出をし、投票日まで引き続き

        町内に住所を有する方(令和3年3月25日以降に日の出町へ転入届出をされた方は、

        前住所地で投票することになります。)  

        (2)令和3年2月24日以降に転出した方で、転出前に引き続き3か月以上日の出町の住民

        基本台帳に記録されていた方


【注 意】  日の出町の選挙人名簿に登録されている方で、令和3年3月25日以降に都内の他区市町村へ転出し、

         引き続きその区市町村に住所を有する方は、日の出町で投票することになります。

        その際には、下記のいずれかの証明書類を提示しないと投票できません。

        (1)転出先の区市町村長が発行する証明書または住民票の写し(選挙用は無料)

        (2)上記のほか、運転免許証、住民基本カード、マイナンバーカードなど写真がついている

          もので現住所が確認できるもの

        (3)住民基本台帳ネットワークシステムを利用した「本人からの確認申込書」


     ※選挙人名簿に登録されていて、住所を移された方の投票可否の関係は、次のとおりです。

        (1)転出先が都内の場合

          (平成28年の公職選挙法改正に伴い、選挙人名簿に登録されている方で、都内区市町村間の

           住所移転であれば、移転の回数に関わらず投票できるようになりました。)

          ・住所移転の回数に関わらず  →   同一区市町村内:投票可

                                  他区市町村:投票可

        (2)転出先が都外の場合      →   投票不可

 

入場整理券や選挙公報

入場整理券

 同一世帯の方全員の分を一つの封筒に入れて、告示日以降に郵送します。

 入場整理券が届いていない場合や紛失された場合でも、日の出町の選挙人名簿に登録がある方は

 本人確認後、投票できます。

 

選挙公報

 6月28日(月曜日)頃から町内各戸に配布するほか、役場1階ロビーに備えます。

期日前投票

投票日に、仕事やレジャーなどで投票できない場合、天災・悪天候により投票所に到着する

ことが困難な場合は、期日前投票を利用することで投票ができます。

入場整理券裏面の「期日前投票宣誓書兼請求書」に必要事項を記入し、投票してください。

なお、「期日前投票宣誓書兼請求書」は、期日前投票所でも備えています。

 期間  6月26日(土曜日)~7月3日(土曜日)   時間 午前8時30分~午後8時

 場所  役場1階 町民談話室

 持参品  入場整理券(届いている場合)

入院(入所)中の方の不在者投票

入院(入所)先が、都道府県選挙管理委員会の指定する不在者投票指定施設となっている病院、

老人ホーム等は、その施設の事務の方などに申し出ると、施設内で不在者投票が行えます。

不在者投票指定施設になっているかどうかの確認は、その施設の事務の方などにお尋ねください。

郵送期間等要しますので、お早めにご確認ください。

なお、東京都議会議員選挙の不在者投票できる期間は、6月26日(土曜日)~7月3日(土曜日)までです。

滞在先での不在者投票

長期間出張や帰省などで、期日前投票や投票日に投票できない場合は、滞在先の選挙管理委員会が指定する

場所で、不在者投票することができる制度です。

手続きには、郵送日数がかかるので、早めに請求してください。

この制度を利用するには、「滞在先での不在者投票宣誓書兼請求書」に必要事項を記入し、

当町選挙管理委員会に投票用紙等の請求をします。郵送や使送で請求していただくことになり、

メールやファクシミリでの請求は出来ません。

当町選挙管理委員会は請求書を確認ののち、滞在地に投票用紙や不在者投票用封筒などを郵送します。

お手元に投票用紙などが届いたら、速やかに、必ず滞在地先の選挙管理委員会が指定する場所に行き、

不在者投票をしてください。滞在先の住まいや仕事場等で投票すると、無効になります。

東京都議会議員選挙の不在者投票期間は、6月26日(土曜日)~7月3日(土曜日)ですが、

滞在先選挙管理委員会では土曜日、日曜日及び祝日は閉庁で受付できない、不在者投票場所や

受付時間がそれぞれ異なる等の場合があります。

不在者投票に向かう前に、滞在先選挙管理委員会にお尋ねください

滞在先での不在者投票宣誓書兼請求書

郵便等投票証明書発行による自宅での不在者投票

この制度を利用するには、身体障害者手帳、若しくは戦傷病者手帳をお持ちの方、さらに症状や程度などの要

件があります。または、介護保険の被保険者証の要介護区分が「要介護5」である方などに、限られています。

「郵便による不在者投票制度」http://www.town.hinode.tokyo.jp/0000000779.htmlをご確認ください。

または、当町選挙管理委員会までお尋ねください。

この制度を利用しての投票は、まず、郵便等証明書の申請、証明書の発行があります。

そして、投票についても、不在者投票の請求、投票用紙等の交付、在宅での投票、投票の送付などを郵送で

行うため、期間を必要とします。

よって、郵便による不在者投票の請求期限は投票日の4日前、6月30日(水曜日)までとなっています。

お問い合わせ

東京都 日の出町 選挙管理委員会(総務課庶務係内)

電話: 042-588-4114 ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム


令和3年7月4日執行 東京議会議員選挙への別ルート