ページの先頭です

東京たま広域資源循環組合におけるエコセメント事業の今後の方針について(情報提供)

[2022年3月4日]

東京たま広域資源循環組合におけるエコセメント事業の今後の方針について

 日の出町二ツ塚において稼働しているエコセメント化施設については平成18年7月の稼働以来、約16年が経過しております。エコセメント化の期間につきましては、平成18年度から当面20年間とされており、期間満了となる令和8年度以降の焼却残さ処理方針について、東京たま広域資源循環組合において将来の施設老朽化を見据えさまざまな検討を行い、昨年「8年度以降の焼却残さ処理方針」として町に申し入れがなされました。

 当該方針において現エコセメント化施設の一部設備を更新し、エコセメント事業を継続する意向である旨記載されております。
町は当該方針の申し入れを受理し、本年2月に「了承」として回答しましたことを報告いたします。

 なお、今回の回答に関し、関係地域住民への配慮と、町、町議会、地元自治会に対し十分な説明・協議を重ねていくということを町として東京たま広域資源循環組合側に最も強く申し上げております。


エコセメント化事業の概要につきましては、循環組合ホームページをご覧ください。

循環組合ホームページ(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

東京都 日の出町 企画財政課企画係

電話: 042-588-4117(内線311、312) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム


東京たま広域資源循環組合におけるエコセメント事業の今後の方針について(情報提供)への別ルート