ページの先頭です

高額介護(介護予防)サービス費

[2015年3月19日]

該当者には勧奨通知(申請書)をお送りします。

介護サービスを利用した要介護(支援)者が1カ月間に支払った利用者負担額が一定の上限(負担限度額)を超えたときは、高額介護(介護予防)サービス費として、超えた分が申請により払い戻されます。

※申請の際、当月ご利用分の領収書を添付してください。

【変わります!】

平成27年8月から高額介護サービス費の限度額を、医療保険の現役並み所得に相当する方がいる世帯に限定して、その世帯の負担の上限額が44,400円に引き上げられます。

 

1割の自己負担が高額になったとき(高額介護サービス費)

同じ月に利用したサービスの1割の利用者負担の合計が高額になり、ある一定額を超えたときは、超えた分が「高額介護サービス費」として後から給付され、負担が軽くなるしくみになっています。

※給付を受けるには、申請が必要です

  • 同じ世帯にサービス利用者が複数いる場合は、全員の1割の利用者負担を合計します。
  • 所得区分によって限度額は異なります。

自己負担の限度額(月額)

  • 生活保護の被保険者・・・個人15,000円
  • 利用者負担上限度額を15,000円に減額することで生活保護受給者とならない方・・・15,000円
  • 世帯全員が住民税非課税で老齢福祉年金受給者の方・・・個人15,000円
  • 世帯全員が住民税非課税で前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方・・・個人15,000円
  • 世帯全員が住民税非課税の方など・・・24,600円
  • 上記及び下記以外の方・・・37,200円
  • 課税所得145万円以上で年収が520万円(単身世帯の場合で383万円)以上などの現役並み所得に相当する方・・・44,400円

次のサービスは高額介護サービス費支給の対象にはなりません

  • 居宅介護福祉用具購入費
  • 居宅介護住宅改修費
  • 施設サービス等での食費・居住費(滞在費)
  • その他(日常生活費等)
  • 支給限度額を超えてサービスを利用した場合の負担分

お問い合わせ

東京都 日の出町 いきいき健康課介護保険係

電話: 042-597-0511(内線385、386 、380) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム


高額介護(介護予防)サービス費への別ルート