ページの先頭です

国民年金の加入・変更の届出

[2018年12月20日]

加入の届出

日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の人は必ず国民年金に加入します。20歳になれば、一部の人々(※)を除き、国民年金第1号の加入の届出をすることが必要です。

20歳の誕生月に日本年金機構から送られてくる「国民年金被保険者関係届書」に必要事項を記入し、町民課保険年金係に提出してください。

※就職して厚生年金に加入している人(第2号被保険者)、またはその配偶者に扶養されている人(第3号被保険者)

変更の届出

20歳以上60歳未満の人は、就職・退職・結婚などにより国民年金加入者の種別が変わることがあります。そのようなときは、変更の届出が必要です。 届出をせずにそのままにしていると、将来年金額が少なくなったり、年金が受けられなくなったりすることがありますので、必ず届出をしてください。

就職して厚生年金に加入したとき

第1号被保険者から第2号被保険者に変わります。

  • 届出場所=勤務先

退職したとき

第2号被保険者から第1号被保険者に変わります。

  • 届出場所=町民課保険年金係

届出に必要なもの

  • 年金手帳または個人番号カード(お持ちでない方は個人番号通知カードと本人確認書類)
  • 退職した年月日がわかるもの(資格喪失証明書、離職票など)
  • 印鑑(本人署名の場合は不要)

結婚や退職などにより配偶者(会社員や公務員など)に扶養されるようになったとき

第1号、2号被保険者から第3号被保険者に変わります。

  • 届出場所=配偶者の勤務先

配偶者(会社員や公務員など)の扶養でなくなったとき

第3号被保険者から第1号被保険者に変わります。

  • 届出場所=町民課保険年金係 

届出に必要なもの

  • 年金手帳または個人番号カード(お持ちでない方は個人番号通知カードと本人確認書類)
  • 扶養から外れた年月日がわかるもの(資格喪失証明書、扶養削除証明書など)
  • 印鑑(本人署名の場合は不要)

配偶者(会社員や公務員など)の扶養から就業して厚生年金に加入したとき

第3号被保険者から第2号被保険者に変わります。

  • 届出場所=勤務先

お問い合わせ

東京都 日の出町 町民課保険年金係

電話: 042-588-4110(内線284、285、286) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム


国民年金の加入・変更の届出への別ルート