ページの先頭です

コードレス掃除機用非純正のバッテリーパックについて

[2022年1月6日]

コードレス掃除機用非純正のバッテリーパックについて

有限会社すみとも商店、ロワ・ジャパン有限会社が輸入した、ダイソン株式会社のコードレス掃除機に取り付けできる非純正のバッテリーパックについて、充放電をしていない保管状態であっても発火のリスクがあります。

対象製品をお持ちの方には、使用の中止と、安全な方法で廃棄をするようお願いします。

下記を御確認いただき、手順に従って放電を実施していただきますようお願いいたします。


1. 掃除機運転による放電方法

(1) まず、シンクや可燃物のない屋外等に、水(常温)を張ったプラスチック製バケツをご用 意ください。(水は 2 リットルペットボトル約 2 本分程度入れます。)

(2) 充電式掃除機にバッテリーパックを装着してください。この時、固定用のビスは絶対に 留めないでください。

(3) 手のひらと指でバッテリーパックの底面と上面をはさみこむように片手をあてがい、バ ケツの上で掃除機を運転(モード選択できる場合は中程度)します。

(4) そのまま、電池切れになる(バッテリーパイロットランプが点滅)まで掃除機を動かす (10~20 分程度)ことによって、放電状態とします。

上記手順の間、次の異常を1つでも認識した場合には、即座に運転を中止し、バッテリ ーパックを取り外してバケツに投入してください。

 ・発煙(掃除機の運転ボタンや、固定用ビスの穴からの発煙が想定される)

 ・異臭(焦げ臭いにおい)

 ・異常な温度上昇(通常は 40℃程度) やけどには十分ご注意ください。

  この場合、放電しきっていない可能性があります。 引き続き安全に放電するため、以下の対応(塩水処理)を行ってください。


1、水没させたバッテリーパックを取り出さずに、約 120 グラムの塩※(大さじ 8 杯程度)を水 に入れ、軽くかき混ぜて溶かします。

  ※塩水濃度を 3%程度にしてください。

2、そのまま保管してください。4 日程度でバッテリーパックが放電状態になります。

  (上記作業は、屋外など換気のよい場所で行ってください。また、金属のサビ等が溶出し た汚水となるため、バッテリーを取り出す際や、廃液や沈殿物を捨てる際には、念のた めゴム手袋等を装着し、素手で触れないようご注意ください。)


*添付の経済産業省のプレスリリースに、写真付きで手順が記載されています。ご参照ください。



2. 放電後の対応について

 上記方法によって放電が終了しましたら、以下のとおり御対応ください。

有限会社すみとも商店のバッテリーパック

当該事業者が既に倒産しているため、廃棄の際は上記手順で放電し、環境リサイクル係にご連絡ください。


事業活動に伴うものは、産業廃棄物に該当しますので、産業廃棄物として廃棄してください。

ロワ・ジャパン有限会社のバッテリーパック

同社が回収対応しますので、同社による案内に従ってください。

同社回収 対応時に、放電確認(ランプ点滅)の動画が必要となります。

録画をしていただき、同社 から送付されるメールの案内に従ってください。


  ロワ・ジャパン有限会社

 URL https://www.rowa.co.jp/pages/dc62-notify

メール問い合わせ先 info@rowa.co.jp

参考資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

東京都 日の出町 生活安全安心課環境リサイクル係

電話: 042-588-5068(内線334、335、336) ファクス: 042-597-4369

お問い合わせフォーム


コードレス掃除機用非純正のバッテリーパックについてへの別ルート